主婦がお金を借りるときも必要書類は同じ!

お金に困ったときに活用できる消費者金融として、レイクは有名な会社です。レイクのキャッシングを使うと、素早くお金を借りることができるので便利です。

 

レイクは銀行の子会社として運営が行われていますので、銀行系のキャッシングという扱いになります。通常の消費者金融では、総量規制の適用を受けるために年収3分の1以上の融資を希望したときに、借り入れを行うことができませんが、銀行系のキャッシングということで、総量規制の適用を受けないメリットがあります。

 

そのために、パートやアルバイトなどを行って収入を得ている主婦が、キャッシングを利用できることはもちろんですが、収入を得ていない専業主婦の方であっても借り入れができる可能性があります。

 

レイクのキャッシングを利用して、お金を借りることを希望しているときには、借り入れ契約を締結しなければなりません。そのために本人確認ができる書類を提出する必要があり、運転免許証や健康保険証、パスポートなどがあれば問題なく審査を受けることができます。

 

レイクでは、自社からの借り入れ希望金額、または他社から融資を受けている金額との合計額が100万円を超えるときに、本人確認書類に加えて収入証明書の提出も求められます。収入証明書としては、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書などが該当します。

 

キャッシングの手続きを自動契約機や店舗で行うときには、これらの書類を忘れないように持参する必要があります。店舗などに来店する前に書類の写真を、携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影して、画像のデータをアプリやメールに添付して送信すれば、提出の手続きを完了させることができるので、その場合には書類を持参しなくても審査を受けることができます。

 

借り入れの手続きの全てを、インターネット上で完結させることも可能ですので、写真をアプリなどで送信して提出をすれば、1度も店舗に来店しなくても手続きを済ませることができます。ネット上で手続きを済ませるときには、振り込み融資の方法を利用しますので、指定の銀行口座に直接資金を振り込んでもらうことが可能です。ネットを使った振り込み融資の方法であれば、手数料が無料になるので、他社のキャッシングと比較したときにお得なサービスが行われていると言えます。

 

借り入れを希望できる年齢条件が設定されていて、満20歳から70歳以下までの人でなければキャッシングを利用できませんので、事前に自分の年齢が条件を満たしているか確認しておくことも大切です。